わたしが大爆発した日

わたし、大爆発したんです。

 

先々週の水曜日、6月14日の事でした。

その日私は割と志望度が高めの会社の二次面接を受けました。

 

高層ビルの上の方の部屋で

一対一の面接で、次々質問が飛んできました。

わたしは一生懸命答えました。

 

面接中ほんっとに頭パニックになってしまって

どんどん自信がなくなって

終わったころには何も覚えてないんです。

 

だからもう帰り道は死ぬほど落ち込んで

駅から家まで大泣きしながら帰りました。

そして、母が仕事から帰ってきたら

もっともっと涙が止まらなくなって

就活が始まってから初めて親の前で大声をあげて泣きました。

もとからあまり感情を人に見せる方ではないので

ももちろんびっくりしていました(笑)

 

わたしはわんわん泣きながら

面接でうまく話せない事

自信がなくなってしまった事

今までやってきた事を評価してもらえない事

このような事を母に泣きながら訴えました。

 

でも母は、「あなたがうまく話せないのなんて知ってるよ」

って言ったんです。

私は普段からあまり口数が多い方ではないし、ゆっくりと話す方です。

だから面接で「もっと早く話した方がいいよ」なんて

言われて落とされたこともありました(笑)

 

そして母は更に私にこう言ってくれました。

「でも、あなたの良いところはもっと他にたくさんあるよ。お母さんはあなたの良いところをちゃんと知ってるからね。それを評価してくれない、あなたをいらないっていう会社になんか行かなくていいのよ。いつかあなたに働いてほしいって言ってくれる会社が絶対に出て来るから大丈夫よ。」

 

当たり前の事なのに、私は忘れてしまっていました。

母の言う通りですよね(笑)

私をいらないって言う会社になんか行きたくありません。

私は私を必要としてくれる会社に行きたいです。

それに、私の良いところをちゃんと知ってくれている人がいる

という事実にすごく助けられました。

無い内定仲間のみんなの周りにもきっといるはずです。

みんなの良いところを分かってくれている人が。

 

それに、結局その二次面接は通過していました(笑)

次の日はパンパンに腫れた目でGDに行きました(笑)

こうやって辛い時も絶対にさぼったりしないで頑張れるところも

私の良いところだなあ!って自分を褒めました。

 

とりあえず、これを機に私なんてって思う事をやめました。

上手く話せる人がとってもうらやましいですけどね(笑)

でも私はうまく話せなくても、コツコツ努力する力はあるし

人一倍前向きで、辛い時も粘り強く努力できる人なんです。

だから、そういう私を受け入れてくれる会社に出会いたいです。

別に卒業までじゃなくてもいいから、生きてるうちに出会いたいです。

 

内定はありません(笑)

 

ぶーちゃん♡♡